「休業補償8割が書かれてない、情報が偏りすぎ」週刊文春 ディズニーランド元ダンサーの失望の記事が炎上 #オリエンタルランド

ディズニー
スポンサーリンク

休業期間中は休業補償8割になっていたディズニー

再開したディズニー、9月に配置転換を要請

業務が無いダンサーなど一部の契約社員には
配置転換を要請し、合意できなければ退職などを促す。
人件費を圧縮し、新型コロナウイルス下の業績悪化に対応する。

正社員と嘱託社員は早期退職など人員削減をしない代わりに、
冬の賞与を当初計画比で7割減らす。
現在の同社の賃金制度で社員の賞与削減は初めて。

新型コロナウイルス下でTDR内のイベントが軒並み中止し、
契約社員のダンサーや出演者は業務が無いか激減している。
こうした従業員の大半に対し、園内の窓口業務などに移るか、
手当を受け取り退職するか、もしくは契約期間を満了するか選択してもらう。
対象は1000人程度とみられる。

既に数百人在籍するダンサーに対し、来春まで業務は無いと伝えている。
イベントの再開時には能力次第で復職できる可能性もあるという。
アルバイトに対して、平均賃金の8割程度を支払ってきた休業補償を
10月以降は6割程度に引き下げる。雇用調整助成金などを使い、
労働基準法で定められた平均賃金の60%以上という基準から
上積みしてきたが、9月末で終了する。

オリエンタルランド、正社員賞与7割減 ダンサー配置転換
東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランドが約4000人いる正社員と嘱託社員の冬の賞与を7割削減することが14日、分かった。業務が無いダンサーなど一部の契約社員には配置転換を要請し、合意できなければ退職などを促す。人件費を圧縮し、新型コロナウイルス下の業績悪化に対応する。正社員と嘱託社員...

ネットでは退職報告が相次ぐ、ハロニュなど休止のまま終了

ダンサーを退職してからダンスの先生になったり動画配信をしている人もいる

【公式】ハロー、ニューヨーク! | 東京ディズニーシー/Tokyo DisneySea

労働組合が抗議、再開の時には優先雇用を求める

週刊文春 ディズニーランド元ダンサーの失望の記事をアップ

ディズニーの元ダンサーが証言する。

「『辞める選択をした』ではなく、『辞める選択肢しかなかった』です。
会社側から突き付けられた条件は、出演の継続を希望する場合の手当は
『半年で約22万円』。月3万~4万円の収入で
どうやって生活していけと言うのでしょうか」

実は退職にあたって、ダンサーや、キャラクター
(ミッキーなどに入る出演者のこと)たちが会社から
署名を求められたのは「自己都合退職」であることを示す
「出演者退職承認書」のみ。失業保険を申請しても、
一般的に受給期間は「会社都合退職」に比べ、短くなってしまう。

「9月末に行われた退職面談で
『会社都合退職にはできないのですか?』と尋ねましたが、
『あくまでも選択肢がある中からご自身でお選び頂きました』とにべもなかった。
その一方で、会社側が強調するのは
『退職の経緯など機密情報については、許可なく漏洩するな』ということばかり。
その冷淡な“最後通告”には心底失望しました」

月3万~4万円の収入で「辞める選択肢しかなかった」…ディズニーランド元ダンサーの失望 | 文春オンライン
東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランドは10月29日、21年3月期の連結純利益が511億円の赤字になる見込みと発表した。通期の赤字転落は96年の上場以来初めてのことだ。「9月末時点で約253…

情報が偏り過ぎなど文春が炎上する事態に

タイトルとURLをコピーしました