【胸糞】「福岡・太宰府主婦暴行死事件」事件前に11回も相談されながら、まともに耳を傾けなかった佐賀県警の杜撰な対応に批判殺到

炎上・これはひどい
スポンサーリンク

2019年10月に発生した「福岡・太宰府主婦暴行死事件」

すくえた命 太宰府主婦暴行死事件(CUBE 2020/10/10OA)
【独自入手】佐賀県警の内部文書 本部長答弁と異なる“事実” 太宰府主婦暴行死事件 福岡県 (20/12/08 12:00)

2019年10月20日早朝、福岡県太宰府市の駐車場に停まっていた乗用車から、
佐賀県基山町で夫と子供2人とともに暮らしていた
主婦・高畑瑠美さん(当時36)の遺体が発見された事件。
瑠美さんの遺体は無残なものだったという。
翌10月21日に、山本美幸被告(41)、
岸颯被告(25)、田中政樹被告(47)らが死体遺棄の疑いで逮捕された。
その後、瑠美さんを暴行して死亡させ、遺体を遺棄したとして、
傷害致死や死体遺棄などの罪でそれぞれ起訴された。
「山本被告は瑠美さんの実兄Aさんとの金銭トラブルをきっかけに瑠美さんに近づきました。
その後、瑠美さんを家族から引き離し、岸被告とともに福岡県のアパートで同居を始めた。
そして山本被告は瑠美さんをいわば人質にして、瑠美さんの家族へ金銭を要求したのです。
瑠美さん自ら山本被告らの指示で、家族に金銭を要求していたこともあり、
ある種のマインドコントロール下にあったとみられています」(地元紙記者)
山本被告らと瑠美さんの奇妙な関係は、2人が通った中洲の歓楽街でもたびたび目撃されている。
2人はあるホストクラブに週1回のペースで通い、
1度に20万~30万円程度遣うこともあったという。
ホストクラブの従業員Xさんは「美幸さんが瑠美さんをホストにハマらせて
借金をわざと作らせていたんだと思います」と語っている。

《主婦ホスト漬け恐喝殺害》「ありえへん! あの女!」犯行前夜に“太宰府の女帝”が友人に明かした“下僕”への怒り | 文春オンライン
2019年10月20日早朝、福岡県太宰府市の駐車場に停まっていた乗用車から、佐賀県基山町で夫と子供2人とともに暮らしていた主婦・高畑瑠美さん(当時36)の遺体が発見された事件。瑠美さんの遺体は無残なも…

事件前に11回も相談されながら、まともに耳を傾けなかった佐賀県警の怠慢

なぜ警察は救ってくれなかったのか。なぜ警察は過ちを認めないのか。
2019年10月、福岡・太宰府市で起きた暴行死事件。
佐賀県基山町の主婦・高畑瑠美(こうはたるみ)さん(当時36歳)が
知人の男女2人に監禁された上、1カ月間にわたり激しい暴行を受けて亡くなった。
なぜ普通の主婦があまりにも無残な死を遂げたのか―。
1年半に及ぶ調査報道で明らかになったのは、
事件前に11回も相談されながら、まともに耳を傾けなかった佐賀県警の怠慢だった。

第30回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品(制作:テレビ西日本) - フジテレビ
なぜ警察は救ってくれなかったのか。なぜ警察は過ちを認めないのか。2019年10月、福岡・太宰府市で起きた暴行死事件。佐賀県基山町の主婦・高畑瑠美(こうはたるみ)さん(当時36歳)が知人の男女2人...

「あのとき佐賀県警が動いていたら命は救えたのではないか」。
質問状を提出した遺族に対して、佐賀県警の幹部2人は
「対応した警察官の知識が不足していて、
他の職員とも連携が取れていなかった」などと謝罪した。
しかしこの時、遺族の戦いはまだ始まってすらいなかった。
テレビ西日本がこの問題を報じると、佐賀県警は
「内部調査の結果、対応に問題はなかった」と主張を一変させたのだ。
次々に明らかになる県警の主張を覆す内部資料や音声データ。
それでも絶対に対応の不備を認めようとしない県警。警察は誰のためにあるのか。

第30回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品(制作:テレビ西日本) - フジテレビ
なぜ警察は救ってくれなかったのか。なぜ警察は過ちを認めないのか。2019年10月、福岡・太宰府市で起きた暴行死事件。佐賀県基山町の主婦・高畑瑠美(こうはたるみ)さん(当時36歳)が知人の男女2人...
タイトルとURLをコピーしました