【児童虐待】鹿児島県ヨコミネ式たちばな保育園系列の通山保育園の学童で太陽の子児童クラブに批判殺到「#学童保育 の支援員が緊張で自己紹介できない子どもを1時間立たせたままにする」

炎上・これはひどい

ヨコミネ式について

保育園児が跳び箱10段を跳び、倒立歩行。
さらに九九算も覚え、漢字を読み書きし、3年間で平均2000冊の本を読破する――。
「すべての子供が天才である」をモットーに、
鹿児島から全国に広がった独創的な教育方法がある。
子供の向上心や競争心に火を付け、強制することなく
自分で学ぶ力を伸ばすこの教育法は「ヨコミネ式」と呼ばれている。
いまでは、全国で約400もの保育園・幼稚園が、
このヨコミネ式カリキュラムを導入しているほどの人気なのだ。

引用元:https://bunshun.jp/articles/-/40817

ヨコミネ式はテレビなどでも度々紹介

ヨコミネ式動画⑰
ヨコミネ式動画⑬

鹿児島の太陽の子児童クラブで虐待をされたとの報告

ネットで以前からヨコミネ式には指摘があったが、今回の事で広く知れ渡って批判の声が続出

施設側 行き過ぎがあったと反省

市福祉課は4月3日、動画の拡散を把握して、
太陽の子児童クラブに直接ヒアリングをしたところ、
施設側も(支援員の)口調が強く、行き過ぎがあったことを認めて、
「児童・保護者に大変申し訳ないことをした」と反省しているという。
市は、施設に対して、今後このようなことが起きないように指導したうえで、
当時の詳しい状況や、どうしてこんな指導になったのか、
どういう取り組みをしていくかなどについて、早急にとりまとめて報告するようにもとめている。
市の担当者は「今も利用されている児童・保護者がほかにも多くいるので、
その人たちが安心して利用できる施設にすることが(市としての)責務だ。
(施設から)状況把握や改善策などを出してもらい、
その内容を精査しながら、二度と起きないように一緒にやっていきたい」とコメントした。

「大きな声で言え!」高圧的な支援員に「号泣する女児」の動画拡散、志布志市「学童保育で行き過ぎあった」(弁護士ドットコムニュース) - Yahoo!ニュース
鹿児島県志布志(しぶし)市の学童保育施設で、支援員が高圧的な言葉で指導して、子どもが号泣している様子を映した動画がネット上で拡散している。学童保育の運営を委託している市は、弁護士ドットコムニュースの
タイトルとURLをコピーしました