「何でもいいよ!小説書けたら送ってみて!」文學界新人賞選考委員の一人、金原ひとみさんのコメントが最高すぎると話題

エンタメ
スポンサーリンク

芥川賞作家の金原ひとみさん

画像引用元:https://pbs.twimg.com/media/FA1_2ffUUAAHvE4?format=jpg&name=small


2003年、『蛇にピアス』で第27回すばる文学賞を受賞。  
2004年、同作で第130回芥川賞を綿矢りさと共に受賞。翌年に集英社の担当編集者と結婚。 
2007年、アニメ映画『カフカ 田舎医者』で映画初出演。第1子(長女)を出産。 
2010年、短編「夏旅」で川端康成文学賞最終候補。
小説『トリップ・トラップ』で第27回織田作之助賞を受賞。
2012年、『マザーズ』で第22回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞
2018年、日本に帰国。 
2020年、『アタラクシア』で第5回渡辺淳一文学賞を受賞。 
2021年、『アンソーシャル ディスタンス』で第57回谷崎潤一郎賞を受賞

金原ひとみ - Wikipedia

文學界新人賞の選考委員をしている金原ひとみさんのコメントが最高すぎると話題

タイトルとURLをコピーしました