「中国のゲーム規制が最悪の事態になりそうでヤバイ」原神のキャラであるウェンティが名指し批判され改善が見られない場合は企業の営業停止処分、逮捕などへ繋がる可能性

エンタメ
スポンサーリンク

中国当局 9月の前半にゲーム企業呼び出しで規制を強化

中国共産党中央宣伝部や政府の国家新聞出版署などは8日、
テンセントや網易など国内のオンラインゲームを運営するIT大手側に、
未成年がゲーム中毒になることを防ぐ措置を講じるよう厳命した。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

中国国営の新華社通信によりますと、中国共産党の宣伝部などは8日、
テンセントなどオンラインゲームを提供する複数の企業を呼び出し、
未成年へのサービス提供を週末や祝日の1日1時間に限るとした
規制を厳格に守るよう求めました。 
そのうえで、内容の審査を強化し、わいせつだったり
暴力的だったりするゲームを禁止するとともに、
『女性っぽい男性』『ボーイズラブ』などの不良文化を
断固排斥すべきだなどと指導したということです。
違反行為をした企業は厳しく処分するとしています。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

中国のゲーム規制について、原神のキャラであるウェンティが名指しで批判(民間向けの講習会)

改善が見られない場合は企業の営業停止処分、逮捕などへ繋がる可能性も

タイトルとURLをコピーしました