「いくら幽霊でもやっていい事と悪い事があるのではないだろうか、人の業のハッピーセット」ホラー映画 残穢(ざんえ)住んではいけない部屋のレビューが話題

エンタメ
スポンサーリンク

ホラー映画 残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋

残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋のあらすじ

画像引用元:https://pbs.twimg.com/media/E_YZXx2UUAIEoDS.jpg:large

『残穢』(ざんえ)は、小野不由美による日本の小説。
2016年1月より映画化作品『残穢 -住んではいけない部屋-』が公開

残穢 - Wikipedia

小説家の「私」に、読者である女子大生の久保さんから届いた一通の手紙。
「住んでいる部屋で奇妙な音がする」とい書かれたその手紙に、
好奇心から「私」と久保さんが調査を開始する。
そこで明らかとなったのは、その部屋の過去の住人たちが転居先で自殺や無理心中、
殺人などさまざまな事件を引き起こしたという事実だった。
彼らは、なぜその部屋ではなく、さまざまな別の場所で不幸に遭ったのか。
「私」たちは、ある真相にたどり着き、さらなる事件に巻き込まれることとなる。

残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋 : 作品情報 - 映画.com
残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。小野不由美による第26回山本周五郎賞受賞の同名ホラー小説を「予告犯」「白ゆき姫殺人事件」の中村義洋監督により映画化...

「いくら幽霊でもやっていい事と悪い事があるのではないだろうか」映画のレビューが話題

画像引用元:https://pbs.twimg.com/media/E_szhLiVkAAkt4n?format=jpg&name=large

タイトルとURLをコピーしました