【高田馬場革命広場】高田馬場駅前の広場が路上飲みスポットになったが金網フェンスで封鎖、若いカップルたちの名前を記した南京錠がつけられ永遠の愛を誓う観光場所になってると話題

エンタメ
スポンサーリンク

南京錠を欄干に取り付けて永遠の愛を誓う場所になっていたパリのポンデザール橋

ポンデザール橋では数年前から、世界各国から訪れた恋人たちが
自分たちの名前を記した南京錠を欄干に取り付け、
その鍵をセーヌ川に投げ込んで永遠の愛を誓うようになっていた。

「愛の南京錠」45トンの撤去開始、仏パリ市当局
【6月2日 AFP】仏パリ(Paris)市を訪れる世界中の観光客が、セーヌ(Seine)川に架かるポンデザール(Pont des Arts)橋などに掛けた「愛の南京錠」約100万個、総重量45トンを撤去する作業を市当局が1日、開始した。

高田馬場駅前の広場が飲み会ホットスポットになったが金網フェンスで封鎖

多い時に100人もの人が集まり、酒を飲みながら大騒ぎをしていた高田馬場駅前の広場。
区は新型コロナの感染防止対策としてパトロールや声掛けを実施し、
路上飲みをやめるように呼びかけたが、まったく改善が見られなかった。
そのため5月19日にフェンスで広場とともに喫煙所を閉鎖した。
すると路上飲みが減った一方で、新たに路上喫煙が問題となっている。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

封鎖された広場のフェンスに若いカップルたちの名前を記した南京錠がつけられる事案が発生

タイトルとURLをコピーしました