【ホルスマンの犬】学習性無力感セリグマンの犬が名前の元ネタか?現在でも解かれていない数学の難問がネットで話題

エンタメ
スポンサーリンク

ネットで現在でも解かれていない数学の難問「ホルスマンの犬」が話題

学習性無力感セリグマンの犬が名前の元ネタではないかと指摘

学習性無力感とは、長期にわたってストレスの回避困難な環境に置かれた人や動物は、
その状況から逃れようとする努力すら行わなくなるという現象である。
他の訳語に学習性絶望感、獲得された無力感、学習性無気力がある。
なぜ罰されるのか分からない(つまり非随伴的な)刺激が与えられる環境によって、
「何をやっても無駄だ」という認知を形成した場合に、学習に基づく無力感が生じ、
それはうつ病に類似した症状を呈する。
1967年にマーティン・セリグマンらのオペラント条件づけによる
動物実験での観察に基づいて提唱され、1980年代にはうつ病の無力感モデルを形成した

学習性無力感 - Wikipedia
タイトルとURLをコピーしました