【岡田くん】V6解散で森田剛が事務所退所、寂しさを「ひらパー兄さん」で埋める人が続出 #ジャニーズ

エンタメ

V6解散で森田剛がジャニーズ事務所退所を発表

大阪の遊園地ひらかたパーク ひらパー兄さんとパロディーポスターについて

2006年度以降でも年間1億円前後の赤字を計上していたが、
ブラックマヨネーズの小杉竜一を起用した
イメージキャラクター「ひらパー兄さん」を2009年4月より始めた。
これが話題となり、最終的に『引退』した
2013年3月までの4年間の広告効果は約30億円に上った。
小杉の引退後、2013年4月より2代目イメージキャラクター
「超ひらパー兄さん」として、地元枚方市出身であるV6・岡田准一を起用。
岡田の主演映画である『永遠の0』(2013年)や『蜩ノ記』(2014年)などの
パロディポスターが順次制作され、園内や京阪線駅構内などで展示されている。
そのきっかけは、『図書館戦争 THE LAST MISSION』(2015年)の舞台挨拶で
岡田が「図書パー兄さん」などと発言したことによる。
これに対し、会社側が映画配給会社に連絡を取って
作品とタイアップしたポスターを作るようになり、
各種SNSで拡散されるなど大きな宣伝効果をもたらした結果、
岡田の主演新作映画が作られるたびにファンから
「また(パロディポスターを)作る話はありますか?」という
問い合わせも出るほどになったとのことである

ひらかたパーク - Wikipedia

V6解散の寂しさを「ひらパー兄さん」で癒される人が続出

タイトルとURLをコピーしました