「なんで手や足を狙わなかったんだ、警棒でもいけそうな気がする」富山県富山市飯野の路上で刃物を突き出し向かってきた男に警官発砲、男の胸に命中し搬送後に死亡で一部の過激派がブチギレ

ニュース
スポンサーリンク

富山市飯野の路上で110番を受けて駆け付けた署員が包丁を突き出して向かってきた男に拳銃1発を発砲

22日午前3時38分ごろ、富山市飯野の住宅街で、
「息子が暴れている」との通報を受け駆け付けた警察官2人が
38歳の男に職務質問をしようとしたところ、包丁を突き出し
「刺してやろうか」と言って近づいてきたため、警察官が警告後、拳銃1発を発砲しました。
弾は男の胸にあたり、病院に搬送されましたが、およそ1時間後に死亡が確認されました。

警察は、「発砲について適正な職務執行だった。
亡くなったことは残念でご冥福をお祈りします」とコメントしています。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

発砲があった現場の様子、警官が発砲時には5.5mの距離まで包丁を持って接近

巡査部長ら警察官2人が、自宅近くの路上で男を見つけ、職務質問しようとした際、
男が包丁を手に「刺してやろうか」と言いながら向かってきたという。
巡査部長が「包丁を捨てろ」「撃つぞ」などと警告したが、
さらに近づいてきたため、約5・5メートルの距離で発砲したという。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

一部の過激派が「どうして足を撃たずに胸を狙ったのか?」「まずは威嚇射撃」「警棒でもいけそうな気がする」とブチギレ

タイトルとURLをコピーしました