債務者の名前や住所などの破産者情報をGoogleマップで可視化して掲載していた「破産者マップ」情報を公開された過去の破産者2人が提訴

ニュース
スポンサーリンク

破産者情報をGoogleマップで可視化して掲載していた「破産者マップ」、債務者の名前や住所の掲載が問題になり2019年3月に閉鎖

画像引用元:https://pbs.twimg.com/media/D2Kp68VVAAA6eZM?format=jpg&name=small

画像引用元:https://pbs.twimg.com/media/D2tMwHrX4AE-nvk?format=jpg&name=small

一時期モンスターマップとして復活

画像引用元:https://pbs.twimg.com/media/EeZh2GXU8AEy6wW?format=png&name=medium

破産者マップ情報を公開された過去の破産者2人が提訴

破産者情報をGoogleマップで可視化していた
インターネットサイト「破産者マップ」をめぐり、情報を公開された過去の破産者2人が、
サイト運営者に対して、慰謝料など22万円の損害賠償を求めて
東京地裁に提訴した。提訴は8月5日付。
弁護団長で原告代理人を務める望月宣武弁護士は、
9月24日におこなわれた第1回口頭弁論期日後に開かれた会見で、
「破産者マップ自体の違法性をきちんと裁判所に判断してもらうのが
第一だと思い、提訴に至った」と話した。

「破産者マップ」運営者を提訴 「官報情報をネットで広めることは問題だ」(弁護士ドットコムニュース) - Yahoo!ニュース
破産者情報をGoogleマップで可視化していたインターネットサイト「破産者マップ」をめぐり、情報を公開された過去の破産者2人が、サイト運営者に対して、慰謝料など22万円の損害賠償を求めて東京地裁に提
タイトルとURLをコピーしました