東京五輪ベラルーシ陸上女子クリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手、羽田空港に連れられ強制帰国されそうになるも搭乗拒否して警察が保護した現地の様子

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベラルーシ陸上女子クリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手

ツィマノウスカヤ選手は1日、別の選手のドーピング検査をめぐるコーチの不手際を
インスタグラムで批判したことから代表を外され、
選手村の荷物をまとめて帰国するよう強制されたが、羽田空港で同日夜の便への搭乗を拒否。
警察などに保護を求めた。帰国せず、2日にもオーストリアなど
欧州に亡命申請する意向と伝えられる。

ベラルーシ選手、亡命希望 「投獄される」と帰国拒否(写真=ロイター)
東京五輪陸上の女子200メートル予選に2日に出場を予定していた中、本国から帰国を命じられて拒否したベラルーシのクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手(24)は日本時間1日夜、動画の声明で「国際オリンピック委員会(IOC)に支援を求める」と呼び掛けた。第三国への亡命を希望。母国で紹介されたインタビューでは「ベラルーシで投獄さ...

監督らが大人しくして帰国する様にとキツいコメントも、クリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手は抵抗

クリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手は投獄されるかもしれないと訴え、羽田空港で警察に保護を求めていた現地の様子

タイトルとURLをコピーしました