「墾田永年私財法にしか目がいかない」渋谷区と東京消防庁による外出自粛への協力の呼びかけが話題

ニュース
スポンサーリンク

2月1日から明治R-1が受験生あるある広告を展開

株式会社 明治が販売する『明治プロビオヨーグルトR-1』は、
受験シーズン真っ只中の2021年2月1日(月)より、
受験生の生の声を集めた屋外広告を、
渋谷駅前と東京メトロ銀座線・丸ノ内線の車内で展開
公式Twitter(@yorunayamu)の「#全国統一受験生アンケート」に集まった
受験生の声をまとめました。現役の受験生はもちろん、
受験を経験した人なら誰も“あるある”とうなずいてしまう広告になっています。

「ひとりじゃない!」 明治R-1が孤独や不安を感じる全ての受験生に贈る 思わずほっこりする“受験生あるある広告”
株式会社 明治のプレスリリース(2021年2月1日 11時00分) 明治R-1が孤独や不安を感じる全ての受験生に贈る 思わずほっこりする“受験生あるある広告”

2月3日 渋谷区及び東京消防庁、新型コロナウイルス感染拡大防止のために外出自粛への協力等の呼びかけを実施

墾田永年私財法について

奈良時代中期の聖武天皇の治世に、
天平15年5月27日(743年6月23日)に発布された勅(天皇の名による命令)で、
墾田(自分で新しく開墾した耕地)の永年私財化を認める法令だが、
後にこの制度は崩れてしまう。古くは墾田永世私有法と呼称した。
荘園発生の基礎となった法令である。
1897年にも開墾地無償付与という似た制度が実施されている。

墾田永年私財法 - Wikipedia

墾田永年私財法を呼びかけてるようにしか見えないと話題

タイトルとURLをコピーしました