「ヤクルト山田の立ってる位置がおかしい」パーラのスライディングが守備妨害になり巨人ファンが激おこ

スポーツ

巨人パーラのスライディングが守備妨害

巨人が思わぬ形で同点のチャンスを逸した。
1点を追う6回1死一、三塁。ここで炭谷のゴロは遊撃前へ転がる。
エスコバーは併殺を狙い二塁の山田へ送球。
この際、一塁走者の
この際、一塁走者のパーラのスライディングが山田の足元へ。
これで倒された山田は一塁へ送球できなかった。
これで倒された山田は一塁へ送球できなかった。

引用元:中日スポーツ

守備妨害ではないと巨人ファンが激おこ

タイトルとURLをコピーしました