【阪神ベンチ】阪神の近本の動きにサイン盗み疑惑を指摘したヤクルト村上を恫喝した矢野監督と井上コーチが炎上 #swallows

スポーツ
スポンサーリンク

7月6日試合中にサイン盗み疑惑を指摘したヤクルト村上を恫喝した矢野監督と井上コーチ

5回の阪神の攻撃中に、両軍ベンチが言い争う一触即発の事態が発生した。
5回2死一、二塁。打者佐藤輝の1ボールから2球目を投げる前だった。
ヤクルトの三塁手村上が審判にアピールした。初球を投げる際に、
二塁走者近本の動きに対して、何らかのアピールをした。
阪神ベンチからは「絶対にやってない」「ごちゃごちゃ言うな」という声が起きた。
すると、ヤクルトベンチも応酬し、場内は騒然とした。
田口が2球目を投げた後、阪神矢野監督とヤクルト高津監督がベンチを出て、
審判と話し合い、事態は収まった。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

サイン盗み疑惑を指摘したヤクルト村上の一部始終

ヤクルト村上を恫喝した矢野監督と井上コーチが炎上

タイトルとURLをコピーしました