第42回全日本実業団対抗女子駅伝 京セラのアンカー白井明衣選手がラスト1kmで転倒し起き上がれず途中棄権、病院に搬送され左大腿骨骨折と診断「足があり得ない方向に曲がっていた、靭帯やばそうな感じ」#プリンセス駅伝

スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

第42回全日本実業団対抗女子駅伝

11月開催のクイーンズ駅伝予選会となるプリンセス駅伝が23日、
福岡県宗像市を発着点とする6区間42.195kmで行われ、
上位24チームが本大会に出場する。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

京セラの白井明衣選手がラスト1kmで転倒

京セラの最終6区・白井明衣がゴールまで残り1キロ付近で
転倒し起き上がれずに途中棄権となった。
白井は市内の病院に搬送され、左大腿骨骨折の診断を受けた。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

靭帯がやばそうとネットがザワつく

タイトルとURLをコピーしました