【京王線刺傷放火事件】京王線 国領駅〜布田駅間でジョーカーの仮装した服部容疑者が刃物を振り回し暴れ塩酸とライターオイルばら撒き爆発火災事件、犯行後に車内でナイフを持ったままタバコを吸っていた「また無敵の人」

鉄道
スポンサーリンク

19時56分頃 京王線 国領駅〜布田駅間の特急車内でオイルばら撒き

警視庁によりますと、31日午後8時ごろ、
東京 調布市の国領駅付近を走行中の京王線の車内で男が刃物を振り回しました。 
捜査関係者によりますと、男は液体をまいて車内に火をつけたということで、
シートの一部が燃えたということです。 
男は年齢が20歳前後とみられるということで、
まもなく現場で取り押さえられました。

NHK
NHKの公式ホームページ。ニュース・気象災害情報・番組紹介をはじめ、イベント案内・受信契約の受付・経営などNHKに関するさまざまな情報をお届けします。

東京消防庁と警視庁によると、電車内の1、2両目に液体がまかれ、
少なくとも15人のけが人が出ている模様で、
このうち男性1人が刃物で刺され、意識不明の重体だという。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

ジョーカー仮装をした20代の刃物男は警察に逮捕、周辺に停車した車内からも乗客はドアコックで避難

画像引用元:https://pbs.twimg.com/media/FDBwjsXaMAAmsW3.jpg:large

参考 犯人が参考にした祖師ヶ谷大蔵の事件

国領駅の駅前は封鎖、地下鉄サリン事件でも活躍したスーパーアンビュランスも出動

犯行後の犯人はナイフを持ったままタバコを吸っていた模様

画像引用元:https://pbs.twimg.com/media/FDB-TlcacAExSd9.jpg:large

殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、自称・24歳の服部恭太容疑者。
服部容疑者はバットマンのジョーカーの仮装をしていて、
犯行後、車内のシートに座っていて駆け付けた警察官に対し、
暴れることなく、「刃物を捨てろ」と言われると、
刃物をシートに置き、所持品の検査に応じていた。
 警視庁によると、服部容疑者は容疑を認めていて
「人を殺して死刑になりたかった。2人殺せば死刑になると思った」と供述しているほか、
8月に小田急線で乗客が切り付けられた事件を参考にしたと話しているということだ。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
タイトルとURLをコピーしました