東京メトロ南北線 西ヶ原駅のドア故障で安全確認「運転士のミスで電車の反対側のドアが何度も開いて落ちそうになった、停電してるし恐怖しかない」電車遅延 #南北線 11月9日

鉄道
スポンサーリンク

19時49分頃 東京メトロ南北線 西ヶ原駅で安全確認

19:49頃、西ケ原駅で安全確認を行っている影響で、
運転を見合わせています。振替輸送を行っています。

東京メトロ南北線の運行情報 - Yahoo!路線情報
19:49頃、西ケ原駅で安全確認を行っている影響で、運転を見合わせています。振替輸送を行っています。(11月9日 19時49分時点の情報です。最新情報はYahoo!路線情報で)

ホームの反対のドアが何度も開いて停電

東京・北区の南北線・西ケ原駅の下り線のホームで、
列車が発車した直後、ドアが完全に閉まっていないことを知らせる警報が発動しました。
運転士は列車を止めたうえで、一旦ドアを開け、安全の確認後、
ドアを閉めようとしましたが、誤ってホームと反対の壁側のドアを開けたということです。
運転士は、壁側のドアのスイッチを操作していることに気づかないまま、
さらにもう一度スイッチを操作し、
壁側のドアが2回にわたり合計41秒開いたということです。 
当時は、混雑率が100%で立っている乗客も多かったということです

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

目撃情報・再開見込みなど

20時25分頃に運転再開も車内が停電したまま

タイトルとURLをコピーしました