【車両故障】11年ぶりに復活したJR只見線、ブレーキ不寛解故障で会津若松駅の出発式イベントが中止「乗務員対応不可で専門職救援するも直せず代行バスが1日ぶりに復活、鉄道員と線路を歩く企画になった」10月1日

鉄道
スポンサーリンク

11年ぶりに復活したJR只見線

平成23年7月の新潟・福島豪雨で被災し、
福島県内の一部区間で不通となっていたJR只見線が1日、
11年ぶりに全線で運転を再開した。
朝霧のたなびく山間の只見駅(福島県只見町)では午前7時11分、
満員の上り一番列車が警笛を響かせて出発。
住民らは「いってらっしゃい!」と書かれた横断幕を掲げながら、
手を振って見送り、災害からの復旧を祝った。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

乗務員対応不可で専門職救援するも直せず、ブレーキ不寛解故障で代行バス対応に

会津若松駅の出発式イベントが中止

タイトルとURLをコピーしました