NHKダークサイドミステリーがアニメ調で三毛別羆事件を特集して大反響、焼肉パーティーした札幌丘珠事件も怖いとネットで話題

ネットで話題
スポンサーリンク

NHKダークサイドミステリーが三毛別羆事件を特集

画像引用元:https://pbs.twimg.com/media/FS9W-gDaIAENhu0?format=jpg&name=900×900

三毛別羆事件は、1915年(大正4年)12月9日から12月14日にかけて、
北海道苫前郡苫前村三毛別(現:苫前町三渓)六線沢で発生した熊害

三毛別羆事件 - Wikipedia

大正4年(1915)12月9日、北海道天塩(てしお)山地の山間にある苫前村で、
34歳の女性と、6歳になる男の子が家にいるところを
羆(ヒグマ)に襲われ惨殺されるという事件がありました。
家と言っても藁ぶき小屋で、羆の襲撃を受けたら逃れる術も無かったでしょう。
そしてその後、女性は山林に連れ去られ、
「(骨まで)完膚なきまでに喰い尽くされた」と記録には残っています。

事件はこれで終わりません。その翌日の12月10日夜、
羆は二人の通夜の席上に乱入し、6人ほど集まっていた人々を襲いました。
人々が小屋の梁(はり)に上るなど避難すると羆はあきらめたのか、
今度は300メートルほど離れた隣の家を目指します。

隣家には、前日の羆事件を知っていて避難していた三家族10人が居合わせていました。
10人の内訳は、大人の男は1人だけ、あとの9人は女性と子供でした。
そこへ突如として大きな羆が現れたのですから、
被害に遭った人々の恐怖はどれほどのものだったでしょう。
この現場には臨月だった女性も含まれ、喰い殺されるときに
「腹破らんでくれ」と言ったとも伝えられています。

「鬼滅の刃」と、大正4年12月に起きた巨大羆(ヒグマ)による大事件(森田正光) - 個人 - Yahoo!ニュース
鬼滅の刃を改めて読み込んでみると、この作品にヒントを与えたであろう実在の事件に行き当たりました。その事件が大正年間に起きたこと、そして作品中に巨大なクマが出てくることから見えてきたことを考察します。

アニメ調で事件を報道、林務官が改めて調査ヒグマが一線を越えた原因は人間側にある可能性を説明(熊の索餌行動は本能)

後日談 事件を経験した少年が猟師に

1878年に起きた札幌丘珠事件

札幌丘珠事件(さっぽろおかだまじけん)とは、
1878年(明治11年)1月11日から1月18日にかけて
北海道石狩国札幌郡札幌村大字丘珠村(現:札幌市東区丘珠町)で発生した、
記録されたものとしては日本史上4番目に大きな被害を出した熊害事件。
冬眠から目を覚まさせされたエゾヒグマが
猟師や開拓民の夫婦を襲い、死者3名、重傷者2名を出した。
18日昼、件のヒグマは駆除隊によって付近で発見され、射殺された。
加害ヒグマはオスの成獣で、体長は1.9mもあった。
警察署の前でしばらく晒し者にしたのち札幌農学校に運び込まれ、
教授の指導のもと学生たちの手で解剖された。

札幌丘珠事件 - Wikipedia

札幌丘珠事件も怖いとネットで話題

タイトルとURLをコピーしました