大河ドラマ『鎌倉殿の13人』13日放送分に一眼カメラを構えたマスクおじさんスタッフ映り込み放送事故で公式が謝罪、視聴者「タイムスクープハンターの撮影班だ」#鎌倉殿の13人

ネットで話題
スポンサーリンク

鎌倉殿の13人 カメラを持ったスタッフが映り込み

カメラを持ったスタッフが映り込んだ瞬間に視聴者「タイムスクープハンターの撮影班だ」

画像引用元:https://pbs.twimg.com/media/FN9plt_VQAQs6kQ?format=jpg&name=small

参考 タイムスクープハンター

『タイムスクープハンター』は、NHK総合テレビで
2009年から2015年まで放送されたドキュメンタリー・ドラマ風歴史教養番組。
本質的には歴史教養番組であり、一般のいわゆる時代劇などとは一線を画した作りである。
史料にもとづく正確な時代考証をとくに重視し、
また可能なかぎりのリアリティを追求した作風を維持している。
「ジャーナリスト自身による手撮り映像」という設定でドラマは進められ、
ときには取材対象人物への軽いインタビューなども交えて、
表面からは見えにくい背景事情や当時の人々の思いなどについて理解できるように工夫されている。
加えて、「ジャーナリスト自身が“本部”にいるアシスタントスタッフに問い合わせる」形で、
さらに幅の広い関連情報が示されることもあり、
これも視聴者の歴史理解を深めるのに役立っている。

タイムスクープハンター - Wikipedia

1987年 テレビ朝日 新春仕事人スペシャル 必殺忠臣蔵では意図的な映り込み


タイトルとURLをコピーしました