【中間管理職七久保】シェフに言われてヒール役をしている七久保先輩、ザ・ノンフィクションをいつも見ていない層の視聴者がパワハラと騒いで炎上 #ザ・ノンフィクション

ネットで話題
スポンサーリンク

ザ・ノンフィクション 上京物語後編

21年4月、料理人を目指し上京してきた3人の若者がいた。
栃木県から上京してきた同じ高校出身の千春さん(18)と楽壱(らいち)さん(18)、
彼らより1つ年上で、茨城県からやってきたあかりさん(19)。
就職先は、かつて『料理の鉄人』にも出演した
洋食界の巨匠・大宮勝雄シェフ(71)が経営する有名店「レストラン大宮」だ。

そんな新人を指導するのは、9年目の七久保先輩(26)だが、
3カ月たっても仕事を覚えてくれない新人たちに疲れ果てていた。
七久保先輩の夢は「海外で活躍する料理人になること」。
しかし、新型コロナウイルスのまん延で、海外へ渡る夢は、
先延ばしとなり、目標を失いかけていた。

上白石萌歌、大きな挑戦に臨む春 22歳の目標は「“男気”をもっと身につける」(マイナビニュース) - Yahoo!ニュース
女優の上白石萌歌が、フジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜14:00~ ※関東ローカル)のナレーション収録に臨んだ。担当したのは、3月20日・27日の2週にわたって放送さ

ザ・ノンフィクションをいつも見ていない層の視聴者がパワハラと騒いでいる流れ

新人が言われた事をやらない

新人教育を担当している9年目の七久保先輩、
気づかせようとするが新人は気づかない

七久保先輩は怒らず新人がやる事を担当

シェフからちゃんと指導しろと注意される

七久保先輩 個人の意識までは変えられない、怒ることに疲れていると心境を吐露

七久保先輩 頑張って新人に注意、盛り付けが汚いなど理にかなった指摘

シェフ ヒール役がいないと若い子が伸びない、
先輩は嫌われないといけないという考え

いつも見ていない層の視聴者
「パワハラだ」「こんなひどいものを放送するな」と激怒


ネットから「これぐらい普通では?」
「愛がある指導」と指摘されると
時代を考えてないと逆ギレ

パワハラと騒いでいる人たちに困惑の声

夢をかなえた七久保先輩 米国内の日本総領事館の公邸料理人に

夢かなえ公邸料理人に 七久保さんが渡米前に母校あいさつ|県内主要,地域の話題|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)
米国内の日本総領事館の公邸料理人として赴任する七久保竜一(ななくぼりゅういち)さん(27)=鹿沼市出身=が27日、母校の宇都宮短大付属高を訪れ、須賀英之(すかひでゆき)校長や当時の担任らにあいさつした。七久保さんは「海外の新しい環境に慣れて、その土地の方々に受け入れられるような料理を作っていきたい」と意欲を見せる。渡米...
タイトルとURLをコピーしました