【空が赤い】朝焼けで世紀末すぎる空の色になってると話題「ダブルレインボーも出てる」8月19日

ネットで話題
スポンサーリンク

朝焼けについて

太陽光線のなかの波長の短い青色系の部分は、
大気中を進むときに空気の分子やちりによって散乱される。
一方、波長の長い赤色系の部分は、あまり散乱されずに直進する。
太陽が地平線に近いときには、太陽の光は厚い大気層を通過することとなり、
青色系の部分は散乱によって多く失われ、地上では赤色系の部分が
とくに強く目に入るので、見慣れた昼の青空とは異なる色彩に空が染まることになる。

朝焼けとは - コトバンク
日本大百科全書(ニッポニカ) - 朝焼けの用語解説 - 日の出のころ、東の空が昼間とは異なる色彩に色づく現象。太陽光線のなかの波長の短い青色系の部分は、大気中を進むときに空気の分子やちりによって散乱される。一方、波長の長い赤色系の部分は、あまり散乱されずに直進する。太陽が地平線に...

8月19日の早朝 空が赤いと話題

さらにダブルレインボーの目撃情報も相次ぐ

タイトルとURLをコピーしました