「マイナス30度で野宿出来ますか?」北海道出身者などの助言を無視しクラファンで集めた資金で日本縦断2800キロに徒歩チャレンジ強行し炎上した18歳の比嘉さん、凍死も怖いけど熊の方が怖いとインスタライブで断念示唆

ネットで話題
スポンサーリンク

18歳の比嘉さん 日本縦断2800キロを徒歩に挑戦

元々旅が好きで、「でっかい挑戦をしたい」という夢もあった。
今回の旅の資金を集めるため、クラウドファンディングを実施。
一度目は失敗したが、2度目は目標額30万円に対して約10万円が集まった。

さらなる資金造成とトレーニングを兼ねて7月と9月には
東京でテークアウトの配達員として、徒歩で牛丼やファストフードを届けた。
多い時は1日に30~40キロ歩いた。沖縄に戻ってからもトレーニングとして、
実家のある糸満市から北中城村のイオンモールライカムまで、約3キロの荷物を担いで歩く。 
日本縦断中は主に野宿する。同級生は「頑張ればできるよ」と励ましてくれるが、
「知識がある大人ほど止めてくる」。両親にも反対されたが、比嘉さんは諦めなかった。
「自分のやりたいことを、まだ1回もやったことがないのに止められるのは嫌いだ。
やってみて無理ならいい。大人に子どもの夢が止められることが多いが、
ちゃんと準備すれば達成できることがあると証明したい」 
「人とつながることが旅のだいご味だ。各地の人と話したり、
景色を見たりするのが楽しみ」。中でも桜島のほか、ぬれた砂浜や潮だまりに
空が写し出される福岡県福津市の「かがみの海」、厳島神社を見に行きたいと考えている。

琉球新報デジタル
琉球新報のニュース速報・情報サイトです。沖縄県内外の話題、ローカル情報、スポーツ、政治・経済、文化・芸能など各分野の最新ニュースを掲載しています。

北海道出身者から指摘も強行

画像引用元:https://pbs.twimg.com/media/FCeMDm2VgAEFSvp?format=jpg&name=900×900

一部ニュースサイトで報道されるとネットから厳しい声が相次ぐ

インスタライブでチャレンジ断念を報告

タイトルとURLをコピーしました