保育園で講談社の創作絵本「ママがおばけになっちゃった」の読み聞かせ、4歳の子供が情緒不安定になったと物議 #ママがおばけになっちゃった

エンタメ
スポンサーリンク

2015年7月16日に発売された講談社の創作絵本「ママがおばけになっちゃった」

ママは、くるまに ぶつかって、おばけに なりました。
「あたし、しんじゃったの? もう! 
しぬ ときまで おっちょこちょいなんだから!」
とつぜん、“おばけ”になってしまったママ。
いちばん心配なのは、4歳になる息子のかんたろうのことです。
よる、12時をすぎると、かんたろうの部屋に現れて……。
ママは、これから生きていくかんたろうを励ましながら、じっくりと話をします。

Google Books

作者が描いた設定について

「僕がこの絵本でいちばん伝えたかったのは、
『みんな、もっとママに感謝しようよ』ということなんですね。
(中略)
子どもたちに、お母さんのありがたさを実感してもらうためにも、
『ママが交通事故で死んじゃった』というインパクトの強い設定にしたんです」

“ママの死”で本当に描きたかったものとは? 大人気絵本『ママがおばけになっちゃった!』作者インタビュー - ハピママ*
発行以来、大人気の絵本『ママがおばけになっちゃった!』。読んだ方も多いのではないでしょうか?「ママが死んじゃう」というシチュエーションの絵本が、ママにも子どもにも愛されるのはなぜでしょう?作者であるのぶみさんと、その人気の秘密を探ってきました。

保育園で「ママがおばけになっちゃった」の読み聞かせ、4歳の子供が情緒不安定になったと物議

参考「ママがおばけになっちゃった」のレビュー

タイトルとURLをコピーしました