「普通に出来る、レジの直前で購入を止めて返却するな」40年間1日1000円で生活してるケチの達人がおかしいと批判の声 #めざまし8

エンタメ

雑誌や本で話題になっていたケチの達人がテレビ初出演

節約の達人・小笠原洋子(71歳)を取材。
1日の出費はたった1000円、その生活を約40年続けている。
その節約法は雑誌や本でも大人気。
30代で離婚後1人暮らし、60歳で定年を迎え現在は年金生活。

<トク¥キン>テレビ初出演・節約生活40年“ケチの達人” フジテレビ【めざまし8】
<トク¥キン>テレビ初出演・節約生活40年“ケチの達人” フジテレビ【めざまし8】|JCCテレビすべて 新型コロナウイルス影響拡大をきっかけに興味を持ったことのアンケートでは、病気や医療に続き節約が2位に。節約の達人・小笠原洋子(71歳)を

1日1000円には家賃・電気・ガス・水道・通信費などを除いたもの

参考例:水道代を節約でお茶は急須などを使わない、残った茶葉はご飯と炊いて食べる

参考例:ティッシュは数十年購入してない

参考例:デリバリーの広告チラシはランチョンマットに使用

参考例:買い物は早歩き、レジの前で必ず1品返却

普通に出来る、返却をするなと批判の声が続出

タイトルとURLをコピーしました