「軍用イルカを含む20の異なる防御手段がクリミア大橋を覆っているためクリミア橋を攻撃することは不可能」複数の対策をしていたロシアさん、ウクライナに自動車爆弾で攻撃される事案発生

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウクライナからドローン攻撃をされて複数の対策をしていたロシアさん

ウクライナに自動車爆弾で攻撃される事案発生

火災は8日午前6時すぎに発生したとみられていて、
ロシアに属する地元当局は「ウクライナの破壊者」が引き起こされたもので、
橋を通過する貨物列車の燃料タンクが爆発したと説明しています。
橋梁への損傷はなく、ケルチ湾内の船の航行にも影響はないとしています。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

橋はプーチン氏肝いりで建設された。
18年の開通時にはプーチン氏が
自らトラックを運転するパフォーマンスも見せており、クリミア「併合」の象徴と言える。
ウクライナ南部のロシア軍に兵器や物資を輸送するルートに使われており、軍事上の要衝でもある。
通行止めが続けば補給に影響を及ぼす可能性がある。
露国防省は8日、陸海のルートを通じて必要な物資を補給できていると強調した。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

激しい爆発で道路が一部崩落

炎上していたクリミア大橋の様子

タイトルとURLをコピーしました