「理由はない、暇だから」朝4時から茨城県つくば市内の閑静な住宅街で爆音歌謡曲を流す騒音車こと騒音の鬼がヤバイ #モーニングショー

ニュース
スポンサーリンク

朝4時から茨城県つくば市内の閑静な住宅街で爆音歌謡曲を流す騒音車

茨城県つくば市内の閑静な住宅街。
午前5時、寝静まっている住宅街に大音量の音楽が響き渡った。
住民は車が現れた日時を記録。
1日に4回来たこともあった。
この1ヵ月はほぼ毎日現れている。
人より犬の方が先に気づくという。
多くの住民が満足に眠れない日々を過ごしている。
昼夜問わず大音量を出す車に住民たちはおびえる。
“騒音の鬼”と住民から恐れられていた男性は音楽を鳴らす理由について
「1人寂しかったから」と話す。
男性は警察ではなく「住民から言われれば音楽を止める」と話す。
最後になぜこの場所で音楽を流すのか尋ねると、男性の地元だという。
男性は「もう大音量は流さない」と約束。
インタビューを終えた直後、音楽は止まった。
男性は納得した様子でその場を去っていった。
街は10年ぶりに静けさを取り戻した。

独自・暗闇に鳴り響く歌謡曲“騒音車”に住民疲弊 テレビ朝日【羽鳥慎一モーニングショー】
独自・暗闇に鳴り響く歌謡曲“騒音車”に住民疲弊 テレビ朝日【羽鳥慎一モーニングショー】|JCCテレビすべて 茨城県つくば市内の閑静な住宅街。午前5時、寝静まっている住宅街に大音量の音楽が響き渡った。住民は車が現れた日時を記録。1日に4回来た

テレビ朝日の取材以降は収まっている状況

画像引用元:https://pbs.twimg.com/media/FAU_prvUUAQC-Iu?format=jpg&name=360×360

爆音歌謡曲を流す騒音車がヤバイと困惑の声

タイトルとURLをコピーしました