【沖縄大雨】線状降水帯による大雨で浸水冠水している沖縄県豊見城市の様子「道路が海になってる」避難指示6月29日

ニュース
スポンサーリンク

29日 沖縄本島北部で線状降水帯が発生

沖縄本島地方では線状降水帯による大雨が降り、
気象庁は「顕著な大雨に関する情報」を運用開始以来、初めて発表しました。
断続的に非常に激しい雨が降っているため、
土砂災害や洪水に引き続き厳重な警戒が必要です。
線状の雨雲は形を崩しながら南下しているものの、
本島中南部を中心に断続的に激しい雷雨となっていて、
午前8時までの1時間には渡名喜島で49ミリの激しい雨が降りました。
午前9時までの1時間には
▽那覇空港で54.5ミリの非常に激しい雨が降ったほか
▽那覇市で45.5ミリの激しい雨が降りました。
午前9時までの12時間の雨量は
▽粟国空港で281.5ミリ、
▽名護市で211ミリに達しています。

沖縄本島地方で線状降水帯が発生 災害危険度高まる | NHKニュース
【NHK】沖縄本島地方では線状降水帯による大雨が降り、気象庁は「顕著な大雨に関する情報」を運用開始以来、初めて発表しました。断続的…

沖縄 豪雨被害の報告が相次ぐ

豊見城市では避難指示が発令

広範囲で冠水している豊見城市の様子

タイトルとURLをコピーしました