山陽本線 英賀保駅~はりま勝原駅間で踏切事故「連結器が少し歪んでる、車が大破で運転手死亡」電車遅延 #山陽線 4月11日

鉄道
スポンサーリンク

7時57分頃 山陽本線 英賀保駅~はりま勝原駅間で踏切事故発生

7:57頃、英賀保~はりま勝原駅間で
発生した踏切事故の影響で、姫路~相生駅間の運転を見合わせています。

鉄道運行情報|NHK NEWS WEB
NHK NEWS WEBの鉄道運行情報のページです。このページでは、日本国内の主要な鉄道路線の運転見合わせや遅延の情報を、株式会社レスキューナウが配信する情報に基づいて掲載しています。

車が大破で運転手死亡

JR山陽線英賀保-はりま勝原間の踏切で、
網干発姫路行き回送電車が車と衝突した。
車の運転手が死亡し、電車の運転士にけがはないもよう。
JR西日本などによると、現場は警報機と遮断機のある踏切で、
運転士が線路内に入ってきた車を見つけてブレーキを掛けたが、
間に合わなかったという。

神戸新聞NEXT

目撃情報・付近の駅の状況・再開見込みなど

11時11分頃 運転再開

タイトルとURLをコピーしました