「息子の苦悩よりも自分達の大変さしか訴えてない、そんな親には何も相談できない」100万部以上を売上げるミリオンセラーとなった本のAmazonレビューがヤバいと話題

ネットで話題
スポンサーリンク

100万部以上を売上げるミリオンセラーとなった「完全自殺マニュアル」

画像引用元:https://pbs.twimg.com/media/E_KdmYEVIAgRd2Z?format=jpg&name=small

『完全自殺マニュアル』は、鶴見済の著書。様々な自殺の方法が客観的に書かれている。
1993年(平成5年)7月7日に太田出版から発行され、
主に10代から20代の支持を受けてブームを巻き起こし、
100万部以上を売上げるミリオンセラーとなった。

前書き、後書きに書かれているとおり、
「いざとなれば自殺してしまってもいいと思えば、
苦しい日常も気楽に生きていける」と提唱した本。
「強く生きろ」という、日本の社会風潮に異議を唱えた。 
後の『ぼくたちの「完全自殺マニュアル」』によれば、
ワイドショーなどの大手メディアから批判があったものの、
評論家・言論界からの評価は概ね肯定的だった。
また、本書のブームとなった発売年と翌年の2年間にわたり、
日本における自殺者総数は減少している

完全自殺マニュアル - Wikipedia

本のAmazonレビューがすごいと話題

画像引用元:https://pbs.twimg.com/media/FAHQKxDUcAc_-kG?format=jpg&name=large

タイトルとURLをコピーしました