「講義中にトイレに行くとか、社会では絶対に許されません。いかなる理由があろうとも欠席扱いにします」過敏性腸症候群(IBS)の診断を受けている大学生が講義中のトイレ退出を認めてもらえず受講を断念した話

ネットで話題
スポンサーリンク

過敏性腸症候群について

過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん、略称:IBS)は、
主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称。
検査を行っても炎症や潰瘍といった器質的疾患が認められないにもかかわらず、
下痢や便秘、腹痛とそれに関係する便通異常が
慢性的または再発性に持続する機能性消化管疾患。
20 – 40歳代に多く、ストレスの多い先進国に多い病気であり、
特に芸術家など繊細で神経質な人ほどかかりやすい。
一時的なストレスから発症することから神経症、うつ病の一種と考えられることもある。
また、胃腸の身体的症状のみならず、めまいや頭痛、動悸、
肩凝りなどを伴う自律神経失調症状や睡眠障害、不安、
気分の落ち込みによるうつ病、イライラなどといった精神症状が現れることも多い

過敏性腸症候群 - Wikipedia

参考 動画でわかりやすく

「講義中にトイレに行くとか、社会では絶対に許されません。講義中の退出はいかなる理由があろうとも欠席扱いにします」と言われて講義をあきらめた話が話題

タイトルとURLをコピーしました